1. TOPページ
  2. スタッフの声

知財翻訳センター  翻訳事務グループ  翻訳コーディネーターチーム  高村(たかむら)


仕事内容

お客様からメールやFAXでご依頼を受けるところから仕事が始まります。依頼書や原稿内容を確認し、不明な点があったり複雑なご依頼のときにはお問合せをして、ご要望どおりに納品ができるようにしています。ご要望を基に伝票を作成し、案件の技術内容と納品までのスケジュールを確認し、翻訳担当者を決定しています。
ご依頼を受けるのが出願明細書だけでなく、裁判用資料や中間処理書類など様々なので、その書類が何であるかを理解するところに難しさを感じますが、経験を重ねていく中でだんだん知識がついてきて、面白さを感じています。

知財を選んだ理由

元々人と話すことが好きなので、人と人の間に入る仕事をやりたいと思っていました。「コーディネーター」という言葉に魅力を感じたこと、加えて、海外とつながりがある仕事に関心があり、翻訳業界に行き着いたところ、「翻訳コーディネーター」という存在があることを知って応募しました。入社した頃は、専門的なことを扱っていて、「狭く深く」仕事ができる会社かなというイメージを持っていました。

入社当時と比べて成長した点

入社当時は特許に関する知識が少なく、「出願」「明細書」「クレーム」といった言葉にも馴染みがありませんでしたが、今は特許出願の流れについても理解できるようになってきました。入社後間もなく浜口社長から特許について講義していただいたのですが、そのときのテキストには基本的なことが書かれているので、わからないことがあるときは見るようにしています。
当社はお客様ごとの細かい決まりが多く、最初は情報量の多さにとても戸惑いましたが、今では必要な情報を探し出すことにも慣れてきました。それでも日ごろから常にご依頼があるお客様と、そうでないお客様があるので、久しぶりにご依頼をいただくお客様のときは振り出しに戻るようなところがあり、ちょっと大変ですね。

これからの目標/挑戦してみたいこと

特許出願の流れが少しわかるようになってきたとはいえ、お客様は複雑な工程を経て出願・特許取得まで辿り着いていらっしゃると思います。ご依頼をいただいたときには、出願のどの過程で必要な書類なのかがすぐにわかるように知識を深めていきたいです。また、コーディネーターチームには経験豊富な先輩たちが多くいらっしゃるので、私も早く経験を積みたいと思っています。
翻訳者さんとのコミュニケーションも楽しみの一つです。社外の翻訳者さんが集まる「CHIZAI ANNUAL MEETING」∗1に入社後まもなく参加したのですが、その当時は翻訳者さんのことを深く知っている状況ではありませんでした。今では日常的に翻訳者さんとコミュニケーションを取っていますので、次にお会いするときには昨年より積極的にお話したいと思っています。

∗1 フリーランス翻訳者の皆様からの情報発信と当社との交流の場として、一年に一度開催している当社主催のイベント

  1. スタッフの声 TOP

ISO 9001:2008 認証取得